免税店で買い物を楽しもう【日本人でも利用できるお店がある】

税の仕組みでお得に買い物

免税

種類の違いと使い分け

日本から海外へ行く機会があるなら免税店を利用してみてはいかがでしょうか。免税店なら税が免除されるので通常よりも安い価格で買うことが出来ます。特に海外製品は関税と消費税の両方が免除されるのでかなりお得です。免税制度は基本的に日本で消費しないことを前提としているので、海外へ行く機会に利用してみましょう。免税店にはDutyFreeShopとTaxFreeShopがあります。DutyFreeShopは国際空港内などにあり、消費税だけでなく関税、酒税、たばこ税なども免除されるお店です。一方、TaxFreeShopは消費税だけが免除されるお店となっています。特に日本ではTaxFreeShopが急増しており、街中で見かけるドラッグストアやコンビニなどが免税の許可を受けているケースが増えています。これは訪日外国人の増加にともなう変化であり、TaxFreeShopにすることによって外国人観光客の購買意欲を促す効果などが期待できます。どちらの免税店にもいろいろな商品を販売していますが、DutyFreeShopは関税が掛からないことから海外製のブランドバッグや化粧品などが多く販売されています。また、酒税やたばこ税も不要なのでお酒やたばこも人気です。さらに海外へ渡航する前に利用されるので、その国ならではの物も多く取り扱っています。一方、TaxFreeShopには様々な種類のお店があるのであらゆる品物が購入可能です。日本では家電量販店やコンビニなどもTaxFreeShopの許可を受けていますが、ここなら日本製の電化製品やお菓子をお得に購入することが出来ます。それぞれの免税店で販売されるものが違うので、欲しい物を見極めて免税店を使い分けると良いでしょう。

Copyright© 2018 免税店で買い物を楽しもう【日本人でも利用できるお店がある】 All Rights Reserved.