免税店で買い物を楽しもう【日本人でも利用できるお店がある】

外国人の買い物情報

財布

お得にできる税金節約術

インバウンド消費の増大などで日本を訪れる外国人旅行客の数が年々増えていますが、彼らとコミュニケーションをとる機会がある場合には、ぜひ日本における免税制度について説明してあげるとよいでしょう。通常、街中の店舗で買い物をした場合には、日本人であっても外国人であっても一律に消費税が課税されることになりますが、一定の要件を満たした免税店であれば、後から支払った消費税を還付してもらうことができることから外国人にとってはかなり安く商品を購入することが可能になるからです。この免税店は、空港内にあるDuty Freeと銘打たれたショップが有名ですが、最近では街中にある家電量販店や百貨店なども免税を売りにしているところが増えており、意外に多くの商店が対応してきています。日本国内にある免税店は、Japan Tax-free shopというロゴの入った標識が掲載されていますので、それがあるお店であれば間違いなく免税の恩恵を受けることができるはずです。ただし、外国人だからといって無条件で税が免除される訳ではないことに留意する必要があります。例えば、入国後6カ月以上が経過している場合や、日本で仕事をしている外国人などは、たとえ免税店で商品を購入したとしても免税措置を受けることができません。一般的な旅行者であればほぼ問題となることはありませんが、意外と引っかかるケースもありますので、知り合いの外国人に説明する場合には気を付けた方がよいでしょう。

Copyright© 2018 免税店で買い物を楽しもう【日本人でも利用できるお店がある】 All Rights Reserved.