卵子が若いうちに不妊治療しよう|原因は様々

ウーマンと赤ん坊

妊娠するには

サプリ

妊活サプリとは、妊娠しにくい身体からしやすい身体へ変化するためのサプリメントです。女性専用の妊活サプリもあれば旦那さんと一緒に飲める妊活サプリもあるので、一緒に飲み続けることが可能なので飽きずに続けることができます。

Read

サプリとの併用と効果

カップル

妊活マカは医薬品ではありませんので、他のサプリメントや医薬品との併用が可能です。特に天然成分の「マカ粉末」が使用されているものは安全性の観点からもおすすめです。ミネラルやビタミンが豊富に含まれていて妊活に必要な栄養素はカバーできます。

Read

きっかけづくりとなるもの

看護師

最近、妊活中の方がマカサプリを飲んで体の状態を保とうとしているようです。もともとマカには男性だけでなく女性にも重要な栄養成分が豊富なことからそういった流れになってきたとされています。そんなマカの中で注目されている成分がベンジルグルコシノレートです。

Read

妊娠を促す治療

先生

不妊の原因確認から

不妊治療とは、不妊の原因を確認し、それを解消することで妊娠を促す治療です。不妊の原因は多くあるので、それによって不妊治療の内容は異なってきます。特によくおこなわれているのはタイミング法で、これは排卵のタイミングに合わせて受精を促すという不妊治療です。まずは基礎体温のチェックや尿検査などで排卵日を特定するのですが、排卵が不定期で確認できないという場合には、排卵誘発剤が使われます。これにより、妊娠の確率は30%ほど高くなります。また、超音波検査や卵管造影検査などで、子宮筋腫や卵管の詰まりが発見された場合には、それを除去する治療がおこなわれます。妊娠にとって障害となるものを取り除くことで、妊娠の確率を高めていくのです。

卵子が若いうちに

中には、不規則な排卵や子宮筋腫といった問題が特にないにもかかわらず、体質によってなかなか妊娠できないという女性もいます。この場合、生活習慣の改善やサプリメントの利用によって体質改善でき、妊娠に至るケースもあります。しかしそれには長期間かかることが多いため、効果が出るまで待っていると、その分年をとることになります。すると今度は、年齢的な問題で卵子の力が衰え、妊娠が困難になることもあるのです。そのため早めに妊娠することを希望する場合には、最初から人工授精や体外受精といった、高度な不妊治療を受ける必要があります。高度な分費用はかかりますが、だからこそ卵子が若く成功率が高いうちに、受けておくことが大事とされているのです。