免税店で買い物を楽しもう【日本人でも利用できるお店がある】

女性

税金を節約する方法

日本在住の日本人が免税店を利用する方法は主に2つです。ひとつは空港型免税店で、空港内にあり出国審査後に利用できるお店です。また、最近は出国30日前から利用できる市中型の店舗もあります。ふたつめは沖縄での利用です。沖縄では県外行きの航空券などの提示で免税店の利用が可能となっています。

DUTY FREE

税金免除でお得な買い物

消費税などの税を免除するのが免税制度です。これは観光客などを対象にした制度で、対象店舗でパスポートなどを提示すれば利用できます。日本の免税店には空港型と市中型があります。空港型は出国手続き後に誰でも利用でき、市中型は日本非在住者であることを証明すれば利用出来るようになっています。

財布

外国人の買い物情報

外国人旅行者が日本でリーズナブルに買い物をする場合にお勧めなのが免税店を活用するということです。店頭に免税を示す標識が掲示されているお店が免税店ですので、彼らとコミュニケーションをとる機会があれば教えてあげるとよいでしょう。

免税

税の仕組みでお得に買い物

日本から海外へ行く時に免税店を利用すれば関税や消費税が免除されるのでお得です。免税店にはすべての税が免除されるDutyFreeShopと消費税が免除されるTaxFreeShopがあります。いずれもいろいろな商品を販売しているので、買いたい物に合わせて選びましょう。

紙袋

税の免除でお得な買い物

訪日外国人が増えたことによって増加しているのが免税店です。今は国際空港だけでなく街中にもいろいろな免税店があります。この制度は訪日客向けの制度ですが、沖縄県では日本在住の人も免税を受けられる制度があります。

便利な非課税制度

TAX FREE

国内在住者でも対象になる

日本での買い物には、一般的には8パーセントの消費税がかかります。しかし、免税店での買い物には消費税がかかりません。また空港内での買い物なら、輸入関税も免除されるのです。その代わり、日本国内で商品を消費しないという決まりがあります。日本では、ドラッグストアなどでも免税の対象となる店舗が増えています。最近では下火になってきましたが、ドラッグストアで日用品や化粧品などを爆買いする中国人観光客が問題となることがありました。以前は、消耗品は対象ではありませんでした。しかし、2014年に消耗品も対象になったことから、爆買いのような現象が起こったのです。ちなみに、日本に入国して6ヵ月以上経っている、日本国内の事務所に勤務している場合は、免税の対象にはなりません。つまり、日本人は免税の対象にはなりません。しかし、日本人であっても、特定免税店制度という制度を利用することにより、免税の対象になるのです。最大購入金額は一人当たり20万円までで、沖縄県のみで適用されます。特定免税店制度は、沖縄県外への航空券を持っている人が対象となります。沖縄県民であっても、一度沖縄県外に出れば、再び沖縄県内に戻ってきても課税対象にはなりません。空港内の免税店や、大型ショッピングモールなどでの買い物の際、この特定免税店制度が適用されます。有名ブランドの商品や化粧品などを購入できることでしょう。免税の対象になるだけでなく、国内小売価格より安価な値段設定になっている商品も多いようです。

Copyright© 2018 免税店で買い物を楽しもう【日本人でも利用できるお店がある】 All Rights Reserved.